カンプマサツノススメ(乾布摩擦の勧め)
カンプマサツノススメ(乾布摩擦の勧め)

みなさん、こんにちは。

ようやく、冬らしくなってきました。

 


(こちらは、寒くなる前のお出かけの1枚です。)

 

寒くなった途端に、美穂の家の利用者様は何枚も重ね着をして来所をされます。(*_*)

このまま、無事に冬を越せるのでしょうか・・・?

と、去年の冬も言っていたような気がします。(;’∀’)

ですから、きっとこの冬も皆さん元気に春を迎えられますね💕

よかった~(*^^)v

 

さて、

今日は月に一度の「介護予防体操」の日

さぁ、今日はどんな体操をするのかな???

 

 

↓ランキングに参加中です。


にほんブログ村

↑クリックしていただくと10ポイントが入ります。応援をお願いいたします。

(現在、デイサービス部門411サイト中、第5位)

 


 

本日、お越しくださったのは

いつも楽しく元気でパワフルな村谷先生。

 

まずは、

身体をほぐします。


 

手をぶらぶらして、身体に「これから運動するよーーー」と

合図を送ります。

 

そして、今日教えていただいたのが

 

コレ


 

手拭いを使った「乾布摩擦」

 

私も子供の頃、上半身裸になって

体をタオルでゴシゴシ!!やった経験があるのですが、

この、乾布摩擦が近年「健康に良い」と言うことで

ふたたび注目を浴びているようなのです。

そして、うれしいことに最近の乾布摩擦は

お洋服の上からでも十分な効果が得られるのだそうです。(*’▽’)

 

村谷先生に、乾布摩擦のうれしい効果について教えていただきました。

 

乾布摩擦を行うと、血行が良くなり、自律神経のバランスが整います。

その結果、

1、免疫力UP

2、体温調節機能の回復

3、さらなる血流の改善などの効果が得られるそうです。

 

このほかにも、

 

4、代謝UPでダイエット効果UP

5、低血圧の改善

6、しもやけ&関節痛の改善

7、リラックス&安眠効果UP

8、体臭改善、など

ワクワクするような効果がたくさんあるようです。(≧▽≦)

 

また、乾布摩擦は、

・木綿や絹などの自然素材を使用する。

・ゴシゴシこすりすぎない。

などの注意点がクリアできれば、誰でも気軽にできる健康法なのです。

乾布摩擦の順番にはいろいろな説があるようですが、

今回は「体幹」から行う方法を教えていただきました。

では、皆さんご一緒に~♪

 

【胸】

鎖骨のラインを中から外へ

胸の周りを∞の字を描くように

【おなか】

お腹の中央をみぞおちから下腹部に向けて

おへその中心を時計回りに円を描く

タオルの両端を持ち、お腹全体を左右に

【首】

タオルの両端を持って、首の後ろをゴシゴシ

【背中】

背中でタオルをクロスさせ、タオルの両端を持って背中全体をまんべんなく

手を持ち替えて、反対側も

タオルを縦1本になるように持ち、背骨全体にタオルが当たるように

手を持ち替えて、反対側も

タオルの両端を持ち、肩から肩甲骨あたりまでを左右に

背中の中央・下部にかけても同様に

 

このように、手拭いを持って、優しく体を撫でていきます。

背中など、普段動かさない体の部分を動かせるのも良いですね。

 

 

最後は、「もしもしかめよ」の歌に合わせて手遊びです。

 



 

親指と人差し指・人差し指と中指を交互に入れ替えます。

難しいからと言って、あきらめないでくださいね。(;´Д`)

この、混乱している状態が、脳への良い刺激になっているそうです。

みなさんも、ご一緒にいかがですか?

 

 

本日の「オマケ」

 

「園芸福祉」で寄せ植えをした際のお写真をUPします。

穏やかな午後の日差しが降り注ぐ中、

ちょっと寂しくなったテラスのプランターに季節の花を植えました。

彩りやお花の種類などを見ながら、

寄せ植えをしてくださいました。

 


 


 

お家で土に触れる機会が少ないので、

寄せ植えはとても人気があります。

お花で季節を感じられるのも良いですね。

 


 

キレイに仕上がりました。

寂しかったテラスがパッと明るくなりました。

 

 

いつも、ありがとうございます。

 

 

本日のブログのお届けは「美穂の家 押切」の稲葉でした。

乾布摩擦について:「NEVER」「eo健康・EO光」より出典