星に願いを&「良かったね」の七夕まつり
星に願いを&「良かったね」の七夕まつり

大雨の被害、地震のニュース

日本中のあちらこちらの、心の痛むニュースが聞かれます。

どうか、みなさまの無事と心が安らかでありますようにと

お祈りせずにはいられません。

 

 

 

ランキングに参加中です。


にほんブログ村

↑クリックしていただくと10ポイントが入ります。応援をお願いいたします。

(現在、デイサービス部門420サイト中、第4位)

 

みなさんが願い事を短冊に書き、七夕飾りにつるしました。

 


 

 

 

 

梅雨のこの時期、美穂の家 押切のある清水区は「清水銀座の七夕祭り」でにぎわいます。

今年の七夕祭りは7月の5,6,7,8の4日間の開催でしたが、

事前の天気予報では4日間雨マーク( ;∀;)

それでも、季節の行事を「楽しみたい」と言う利用者様の思いが届いたのか、

「利用者様を七夕祭りお連れしたい!!」と言う職員の願いが通じたのか

なんとか、利用者様を七夕祭りにお連れすることができました。

 


 

みんなで車に乗り込んで出発です。

清水銀座の七夕祭りは、利用者様の現役時代を振り返るには外せないイベント

「昔はね~」なんて声も聞くことができて、みなさんテンション⇈⇈です。

 


 

商店街に飾られた七夕飾り、どれも力作ぞろいです。

 

利用者様は、職員に付き添われ見学です。

 


 

 

利用者様と一緒に創った作品の前で

 


 


 

商店街は昔ほどの賑わいが無くなってしまいましたが、

戦後始まった地元の「七夕まつり」には多くの人が訪れます。

この「七夕まつり」には久しぶりに出かけた利用者様も多く、

「久しぶりに出かけたよ」と、おっしゃる利用者様は

みなさんたいそうお喜びのご様子でした。

 

 

 

 

今日は「良かったね」の話

 

90を超えたM様は、以前より活気が感じられず

食事の完食、トイレやお風呂に誘導することも難しく、

なにかにつけて「あんたー、私はもういいよー」が口癖です。

 

今年の「七夕まつり」への外出は、

お天気の様子によっては、諦めなければならなかったため

できるだけ多くの利用者様をお連れしたいと思っていました。

しかし、日ごろの状況からしてM様には「お留守番」をお願いしようと考えていました。

 

 

昼食が終わり、口腔ケアを済ませ、

なんとなく、いつもの午後のまったり時間とは違う様子に気が付かれたのか

どうも、M様の様子がおかしいのです。

職員の「出掛けたいの?」の問いかけに

口では「行かなくて、いいよーーー」と仰っているのですが・・・。

 

「行く?」「行かない?」の少々のやり取りの後、

職員が機転を利かせて

M様も滑り込みセーフで「七夕まつり」の車に乗り込むことができました。

 

見学から戻られたM様は

「あんたーーー、良かったよーーー♪」と、

とっても嬉しそうにしてくださっていました。

 

みなさんと一緒に「七夕まつり」に出掛けることができて良かったですね。

 

 

ちなみに、M様はこの日のお出かけが

今年2度目の「七夕見学」なのでした。(≧▽≦)

 

 

 

 

いつも、ありがとうございます。

 

 

 

追伸:昨年「七夕まつり」に行くことのできなかった利用者様は

今年、「七夕まつり」に2度お出掛けをされたM様

1年越しの願いが叶い、職員一同ひと安心です。

 

 

本日のブログのお届けは「美穂の家 押切」の稲葉でした。